スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【トマルトラベル】ケニア/ウガンダ/ルワンダで泊まったお宿【安宿情報】

こんにちは!ついつい書き怠りがちな(笑)トマルトラベルのお時間です!庄ちゃんです。










▼ケニア*ナイロビ


ニューケニアロッジ New Kenya Lodge



ニューケニアロッジ (3)

●宿泊日:2016.1.14/17(2泊)

●住所:GPS⇒-1.281403 36.825889

●料金:750シリング

●スタッフ:めっちゃ親切。銀行やSIMカード買いに行きたいって言ったら案内してくれました(^ω^)

●ロケーション:ダウンタウン。夜は出歩かないようにね!ヒルトン周辺には徒歩5分ぐらい。
ニューケニアロッジ (2)
部屋からの景色。早朝から結構うるさい。

●部屋:3人ドミトリー/シングル1000シリング/ダブル1500シリング

●ベッド:蚊帳付き、清潔感はまぁまぁ。
 
●水まわり:ホットシャワーです。(でも到着時停電してて水シャワーだったよw)

●WIFI:さくさくじゃないけど使えます。

●設備:朝8時ごろから無料でチャイが飲めます♪
ケニアでラーメン
簡易キッチン付。火力の調整が難しいです。みんなでインスタントラーメン食べたいい思い出(^v^)
ツアーデスクあり。
マサイマラツアーなど参加できます^^
ツアーの前後2泊分無料にしてもらえました♪

●周辺情報:すぐ隣は売店、その隣でSIMカード購入できます。



-感想-

ナイロビといえばここってくらい日本人の超定番宿です。
ダウンタウンにあるけど、昼間であれば歩いても大丈夫な雰囲気でした。もちろん油断大敵ですが…。
数年前は宿の中での盗難が多かったそうですが、今は安全みたいです。
部屋に南京錠がかけられるようになってるので外出時は3人とも持ってる鍵持ち寄って鍵かけてましたw
別にきれいなわけでもないんだけど、なんだか居心地のいい宿でした。
着いた当日翌日は停電してて水シャワーにWIFIなし、充電できないのはつらかったけどね!笑











▼ウガンダ*カンパラ


サバリンゲストハウス SABALIEN GUEST HOUSE


カンパラ1日目 (67)

●宿泊日:2016.1.19-21(3泊)

●場所:歩き方にも記載あり。
キガリの宿マップ
入口は大通り(Nakivubo)じゃなくて一本入った通りなのでちょっとわかりにくい。

●予約方法:飛び込み

●料金:トリプル1室28000シリング
カンパラ1日目 (62)
部屋によって料金が細かく決まってます。

●スタッフ:可もなく不可もなく

●ロケーション:中心地。オールド/ニュータクシーパークともに近いです。

●部屋:古びてるし清潔感はないけど広い。

●ベッド:広いです。

●水まわり:汚い。トイレも汚いしシャワーも汚いしトイレ臭かったです。水シャワーです。

●WIFI:なし

●設備:朝ごはん付(食パン、ゆでたまご、紅茶)7時~9時
カンパラの宿 (2)
1階はレストラン。

カンパラの宿 (4)
食パンそのまま出てきますwと、トーストしてくれぃ!笑
ジャムもないです。マーガリンのみ!!

●周辺情報:夜になると宿のすぐ前に屋台が数軒並びます。ロレックス1500シリング、串焼き1000~、魚などなど!美味しいのでおすすめ。



-感想-

安さと立地を求めるならここ。
清潔感とか快適さとかはあんまりないけど(´・ω・`)笑
朝食なんてトーストしてない食パンだしねwアフリカクオリティ…!
カンパラではバックパッカーズホステルが有名なようです♪










▼ルワンダ*キガリ


HOPE GUEST HOUSE

ホープゲストハウス

●宿泊日:2016.1.23-26(4泊)

●場所:MAPS.MEで検索可能。
ホープゲストハウスマップ
左がホープゲストハウス。
右はカンパラからのバスが到着するバスターミナル。他にもキガリ市内や郊外、タンザニア行きのバスがでてます。

●予約方法:飛び込み

●料金:ツイン1人5000フラン

●スタッフ:親切!

●ロケーション:バスターミナルから徒歩5分。

●部屋:きれいです。蚊帳付き。机・いす・スリッパ付き。
ホープゲストハウス (4)

●ベッド:広くて清潔。

●水まわり:ホットシャワー、トイレもシャワーもきれいです。
ホープゲストハウス (5)
女子男子トイレ分かれてます。
これ女子トイレなのに便座上がってた|д゚)おいw
ホープゲストハウス (1)
桶があるので洗濯もしやすくて◎

●WIFI:なし

●設備:バルコニーに洗濯物干せます。しかも雨が降りそうになると毎回警備のお兄さんが教えに来てくれる親切っぷり!!感動。笑
ホープゲストハウス (3)
レセプション。奥に見えるバルコニーに干してたよ。お昼すぎに雨降ること多いから気を付けてね!

ホープゲストハウス (2)
レセプションにはTVとソファ。


●周辺情報:隣2軒に安宿MONT KIGALI LODGE/Henssey Lodgeがあります。(盗難宿もあるから気を付けて…!)


-感想-

スタッフも親切で気が利くし、部屋もバスルームもきれいで快適でした^^
バスターミナルから近いし立地もいいと思う。
中心部までは歩くとちょっと距離あるけどね、バイタクやバス使うといいよ!
あとはWIFIがあれば完璧なんだけどね。
でもおすすめ宿です(^v^)









ではまた!








Have a nice day!!



ブログランキングに参加しています。
よかったらぽちっとお願いしますね♥
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
いつもありがとう!
スポンサーサイト

テーマ: 世界一周 | ジャンル: 旅行

ルワンダでコーヒーを頼むと○○が出てくる。

こんにちは!リアルタイムは…雲の上!!日本とちょっと時差が縮まるよ~♡庄ちゃんです。










アートセンターに行った以外はずっと食べてました、キガリ。
今日はルワンダご飯記事。
スーパーで買ったサモサ (3)
まずはサモサ(サンブサ)だよ!安くて美味しい。300フラン(45円)

スーパーで買ったサモサ (4)

たまごの黄身、安定の白さ。

もはやきみ、黄身じゃないよ。白身やん。
でも味は美味しい!!









盗難にあった翌日、元気出そうってみんなで行ったのは…
キガリで中華 (1)

中華料理!!!!BAMBOO。

Kigali City Tower(ナクマット)のお向かいにあります^^

キガリで中華 (3)
写真じゃ伝わらないけどいいかんじの見晴らし。

キガリで中華 (9)
テラス席もあるけど、寒いからもちろん中で!!
アフリカってね…寒いんだよ(´゚д゚`)
めちゃくちゃ暑かったのってザンジバルとザンビアとボツワナぐらい。あとダナキル(別格)ぐらい。笑

キガリで中華 (5)
さぁ何食べよっかな~♪みんな鼻息荒めにメニューを凝視します。
中華なのに味噌汁があるw

キガリで中華 (6)
ど、どうしよう…

キガリで中華 (7)
ねぇ!!全部食べたい!!!!笑

キガリで中華 (8)
というわけにはいかないわけで、吟味に吟味を重ね…選抜メンバーを選びました(大袈裟)

キガリで中華 (12)
トップバッターを飾ったのはナス!!!!…のなんちゃら。
エッグプラントシチューってやつね。4500フラン(670円ぐらい)
これが一番おいしかった!!ほっぺたがぼたぼた落ちましたよ!!!!
おナスがね、とろけるのよ(`・ω・´)!!あぁ写真見返してるだけで幸せ(重症)
ここ来たら絶対食べてね♪

キガリで中華 (13)
私とひとみちゃんが撮影してる間「まだ(´・ω・`)?もういい(´・ω・`)?」とスプーン握りしめて今か今かと待つしょうさんwww
犬か(´゚д゚`)笑

キガリで中華 (14)
お次は麻婆豆腐♡お豆腐なんていつぶりでしょうか…!(ロンドンぶりでした)

キガリで中華 (15)
料理来た瞬間すばやく撮影大会です。興奮を抑えきれてませんw
ご覧くださいしょうさんの嬉しそうなまるでエロ本拾った中学生みたいなニヤけた顔!!笑

キガリで中華 (18)
じゃーじゃーめんですね。なぜか挽肉系ばっかり選んじゃったねw

キガリで中華 (24)
鶏の唐揚げ。
なんかね、メニュー名から想像してたのと違うかったけど、これはこれで美味しかったです!笑

キガリで中華 (22)
大満足!!3人で割って、1人7500フラン(1100円)。
中華ってすばらしいと再確認した夜でした♡









お次はカフェ♪
ナクマットのカフェ (1)
Union trade Centreです。スーパーのナクマットがはいってるよ。

ナクマットのカフェ (3)

Bourbon Coffee

ナクマットのカフェ (4)
ゆったりソファでくつろげるよ^^
電源プラグもあるからチャージもできます。
WIFIあるって聞いてきたけど、壊れてて使えませんでした。死んでるふぁい…。

ナクマットのカフェ (5)
メニューいっぱい。

ナクマットのカフェ (6)
私はスムージー!
Thousand Hills Sensation。ルワンダは「千の丘の国」って言われてます。
この前紹介した「ホテルミルコリンズ」もフランス語で「千の丘」って意味。
ルワンダはベルギーの支配下にあったからフランス語がよく通じるよ^^
今は新政府の方針で英語教育に切り替えてるみたいですが。

ナクマットのカフェ (8)

ストロー長すぎw

後ろでひとみちゃん爆笑してるw
ナクマットのカフェ (9)
ひとみちゃんはお腹すいてないそうで、しょうさんはパニーニ。
おしゃれですね。









次はHOPE GUEST HOUSEの近くにあった食堂!
マスターチョップ
宿からバスターミナルへ歩いていく途中にあります^^
朝、コーヒー飲もう~♪としょうさんとおでかけ。(ひとみちゃん夢の中zzz)
私より早起きな人なかなかいないです。旅人で早起きって珍しいよね。
2人とも4時か5時には起きてブログ書いたり調べものしてるw1人旅だろうが大勢でいようがこの生活習慣です。
しょうさんに至っては朝シャンしてせっせとお洗濯。

ひとみちゃんに「女子か」ってツッコまれてたw

キガリの食堂 (1)
メニュー。これと別にドリンクメニューがあるよ。頼んだのはアフリカンコーヒー。

キガリの食堂 (3)

なんということでしょう、水筒が出てきました。え?…え?笑

キガリの食堂 (4)

なんですか、このシュールな絵面は。

気分はピクニックですね!!!!(求めてない)
テーブルもなんか芝生みたいな色だし!ね!!

キガリの食堂 (5)
1人一本(1000フラン≒150円)だと結構量あるよ、カップ3杯分ぐらい。

ちなみに味は9割9分牛乳です。つまりほぼほぼホットミルクです。コーヒーどこいったw


キガリランチ
ランチはひとみちゃんもいっしょ^^いえーい!

キガリの食堂 (9)
一応ランチビュッフェらしいけど、店員さんが盛って持ってきてくれます。
これで2000フラン(300円)やっぱり炭・水・化・物・地・獄…!!笑
左奥はマトケ(バナナ)、ライス、豆、スパゲティ、フライドポテト、真ん中はキャッサバ…(白目)
ごちそうさまでした。






ひとみちゃんとしょうさんがニャンザという町にある小学校へいってたとき。
バスターミナルのレストラン (4)
私は観光する気力がまだなくてキガリでお留守番。
さすがにずっと部屋に籠ってるわけにもいかんとお昼ごはんへ。
バスターミナルの周りは食堂がたくさんあります。どれも似たようなかんじだけどね。
一人で歩くのはすごくドキドキした。
ルワンダは治安いいし全然大丈夫なんだけど、アフリカはずっと2人の後ろをちょこちょこついてまわってたし、1人で出歩くのは避けてた。だって気持ち悪い男の人がまとわりついてくるから( ;∀;)!!
1人でご飯、なんて何てことないことにこの時は緊張。情けねー!笑
写真はお店からのバスターミナルの光景。

バスターミナルのレストラン (2)

テキトーにお店はいったらやっぱり炭水化物地獄だった\(^o^)/わぁ。

バスターミナルのレストラン (1)
でもルワンダ人はとっても優しくて、お店の人も隣に座ってるおじちゃんもみんな笑顔で「ボナペティ!(召し上がれ!)」って言ってくれる。
隣のおじちゃんは「この子の分も持ってきて!」って店員さんが揚げたさつまいも持ってきてくれた。…また炭水化物!!笑
「スープもおかわりいるじゃろ?」ってまた店員さんに頼んでくれた。本当優しい。
フランス語ちょっとしゃべったらめっちゃ喜んでくれる|д゚)笑
ルワンダ人からは下心も気持ち悪さもがめつさも感じない、適度な距離感。心地よい。
あぁやっぱルワンダいいところなんだよね。
ひとみちゃんとしょうさんちゃんと着いたかな?楽しんでるかな?
そんなこと考えながらお腹いっぱい食べました。(はちきれそう)








炭水化物尽くしのルワンダ飯ですが、オススメはビュッフェです♪

ファンタスティックレストラン (3)
ナクマットや中華のすぐ近くにあるファンタスティックレストランFANTASTIC RESTAURANT。

ファンタスティックレストラン (4)
ここは2000フラン(300円)でビュッフェが楽しめちゃう♪30種類以上あるんじゃないかな?

ファンタスティックレストラン (5)
まぁほとんど炭水化物ですけどね、案の定♡笑

ファンタスティックレストラン (6)

ビュッフェといえどルワンダではおかわり禁止!!らしい。あとお肉やお魚は数が決まってるみたい。

ファンタスティックレストラン (8)

どーん(^v^)もはや乗せすぎて何がなんだか(´゚д゚`)w

一番美味しかったのは右にあるでっかいカリフラワーの天ぷら!これは3人とも満場一致大絶賛だったよ
アボカドサラダ、魚、ビーフも美味しゅうございました。
完全に埋もれてますがライスも美味しかったよ!
あと写真にはないけどきのこクリームスープも。パスタが味なかったからスープにいれて食べたら美味^^
ルワンダに来たらぜひビュッフェお試しあれー!







最後はアイス!!!!だいじょうぶですか?皆さん、胃もたれしてないですか|д゚)?笑
あとちょっとで終わるからね!笑
キガリのアイス屋さん (2)
Kigali City Towerの中にあるアイスクリーム屋さん♪
TripAdviserにも乗ってますよ(^O^)

アイス屋さんのかわいい電球
電球かわゆし。

キガリのアイス屋さん (6)
アイス、ソフトクリーム、サンデー、シェイクなどなど!
私はストロベリーサンデー
アイスがイチゴ味なんじゃんくてシロップがイチゴなだけ('ω')笑
でも美味しいよ!
ソフトクリームは500フランだし、スーパーで売ってるアイス甘いより安い!
甘いものが食べたいときはここおすすめです♪







ではまた!








Have a nice day!!



ブログランキングに参加しています。
よかったらぽちっとお願いしますね♥
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
いつもありがとう!

テーマ: 世界一周 | ジャンル: 旅行

アフリカのアートと赤ちゃん人形、ちょっと見てみなはれ。

こんにちは!前髪の分け目変えました(どうでもええわ)、庄ちゃんです。









【#256 2016.1.26. ルワンダ*キガリ】

《レート*100フラン≒15円》


さて、キガリには私が唯一「行きたい!」と思っていた場所があります。
ルワンダ滞在も5日目になりだいぶ元気になったので行ってみることに!
キガリアートへ (2)
バスターミナルからこのバスで行くよ!
ルワンダはちゃんと料金が決まっててぼったくられることもありません。何から何までちゃんとしてる…ルワンダすごいよ。

キガリアートへ (5)
バス停からちょいと距離がありますがさくっと歩いていけます♪
道路もキレイ…!!

キガリアートへ (6)
大通りは大使館が並んでます。たしか大使館じゃないけど、中国関係の施設。外観ですぐわかるねw

キガリアートへ (1)
日本大使館はこのきれいな立派なビルの中らしい。








10分ほど歩いて到着したのがこちら^^
キガリのアート (2)

Inema Arts Center

HPはこちら⇒Inema Arts Center
アートとか興味ねぇ~って声が聞こえてきそうですがwまぁ見ましょ見ましょ。

キガリのアート (3)
正直わたしも芸術とかよくわかりません(^v^)↑これとか本当意味わからん。
でも来たかったんだー!アフリカで現代アートってどんなんだろう?って。

キガリのアート (4)
アフリカではどこでもかんでもポイ捨てされてるゴミたちもルワンダ人の手にかかればアートになるのです。

キガリのアート (1)
ものすごくおしゃれなカフェもあります(*‘ω‘ *)

キガリのアート (8)
小さなお庭。こじんまりした作りです。
興味なかったやろうについてきてくれた2人( ;∀;)やさすぃ。

キガリのアート (5)
車だってこんなにかわいくなる(^O^)そもそもこの車のフォルムがたまらなく好き。
これ作るの楽しいだろうなー!

キガリのアート (13)

ジブリの世界だ…(´゚д゚`)!!

キガリのアート (12)
あれ?ここアフリカ?って気分になりますね。
アフリカっておもってたより都会があって、美味しいものがちゃんとあったり、治安が良かったり、こういう芸術の前衛的な部分があったり、来る前に持ってたイメージがどんどん変わっていきます。

キガリのアート (7)
ビートルズだ(^ω^)愛こそすべて。

キガリのアート (9)
バイクもカラフル。

キガリのアート (11)
ビンの木。

キガリのアート (15)
ぎっくり腰の瞬間。

キガリのアート (16)
中も見てみましょう。

キガリのアート (18)
椅子もテーブルもすてきです。

キガリのアート (20)
中はたくさんの絵画。
途中で写真ダメって言われちゃってお見せできないんですが、マサイ族の絵が本当にすてきでお金があるなら買いたかったー!!
マサイ族の身に着けてる布を貼っててそれがいいかんじなのです(語彙力…!)
お見せできないので行った人のお楽しみですね!本当いい絵だった(^v^)♡

キガリのアート (21)
ソファの柄もサイケデリック!
ちなみに1階にショップがあってそこで売られてる小物やバッグも可愛さ満点です^^

キガリのアート (23)
ここでは数十人のアーティストが活動してるそうで、1階にはアトリエ。

キガリのアート (22)
ルワンダのアート、やっぱりなんだかよくわからないけど面白くて、なんだかよくわからないもやもやが少し晴れました。
かわいい車やすてきな絵に癒されたよ(`・ω・´)





アートじゃないけど。
IMGP6768_R.jpg
ルワンダで売られてるお人形さん。

IMGP6769_R.jpg

…(´゚д゚`)

IMGP6770_R.jpg

こ、こわい(´゚д゚`)!!










ではまた!








Have a nice day!!



ブログランキングに参加しています。
よかったらぽちっとお願いしますね♥
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
いつもありがとう!

テーマ: 世界一周 | ジャンル: 旅行

悲劇の連続、ウガンダからルワンダへ。

こんにちは!今日でケープタウンとお別れ、ヨハネスブルクに向かいます!久しぶりのフライトだー!庄ちゃんです。










【#252-253 2016.1.22-23 ウガンダ*カンパラ⇒ルワンダ*キガリ】

《レート*100シリング≒3.4円/100フラン≒15円》


さぁお次の国へまいりましょう。
ウガンダマップ

目指すはルワンダの首都キガリへ。ウガンダの下ですよ。

ウガンダに続いてルワンダ…あまり聞きなじみのない国ですねぇ。どんな国なんだろう?

エンテベの屋台 (1)
ルワンダへはバスでいくよ!前日に買っておきました♪
あ、ちなみにこの帰り道、見事にバイクとぶつかったよ(不死身)
ウガンダはとにかく交通量が多いのよ…。みんなも気を付けてね!笑

エンテベの屋台 (22)
バスはジャガー社(JAGUAR)っていう何やら高級感を感じるバス会社で行きます。笑
MAPS.MEでも検索できます♪
朝7時発→20時半着/5列シートで40000シリング(4列だと45000シリングらしいです)

ルワンダへ国境越え (2)
朝5時半に起きて30分ほど歩いてジャガーのバスターミナルへ。
坂道でしかも雨が降っててしんどかったよ( ;∀;)
ちなみにバスターミナルに売店があるのでお水など買えます♪(ちょっと高いみたいだけどね)
席は5列シートなんだけど激せまっ!!これで14時間移動ですって、奥さん…。
最初はガラガラだったけど途中どんどん人が乗ってきて満席に、というか満席以上に(´゚д゚`)笑

ルワンダへ国境越え (1)
ボーダー近くでバスが停まって「降りろ」って言われてみんな降りてるからイミグレかなぁ…と思ってたら、バスがぬかるみにはまって動かなくなったらしい。

ルワンダへ国境越え (4)
雨が降ったせいでぐちょぐちょの道を歩いていく乗客のみなさん。ま、まじですか…。イミグレどこよ。

ルワンダへ国境越え (3)
ぬかるんだ道に足がはまって全然進めない( ;∀;)
ってか、なんでこんなとこ歩かないかんがやし!!!!(思わず土佐弁)
そりゃ乗客乗せすぎたら泥にもはまるやろ、考えたらわかるやろあほんだらぁぁぁぁ!!!!
足もサンダルも泥だらけ。ジーンズには跳ね返った泥で汚れてる(涙)
ひとみちゃんはサンダルの鼻緒が取れちゃって裸足で歩いてる。
とぼとぼ歩いてたけど、ぬかるみを脱出したバスに途中で乗せてもらってイミグレまで行けた。
無駄にいるバスの乗務員たちは椅子にふんぞり返って笑いながら座ってた。

嫌いや、ウガンダなんて嫌いやー!!!!

ルワンダのイミグレ
イミグレついて、まずは足洗わなきゃ…!!
トイレに駆け込もうとしたらおばちゃんが掃除してて、床ピッカピカにしてるところ本当申し訳ないけど足洗わせて( ;∀;)って言ったら「こっちおいで」って外にある水道に案内してくれてバケツ貸してくれました。
しかもひとみちゃんのサンダルまで洗ってくれて…!!
な、なんて優しいのおばさまぁぁぁぁ!!!!
足もサンダルもじゃぶじゃぶ洗ってすっきり(^v^)おばさま本当にありがとう!
優しさに救われた♡









そんなわけで無事入国したルワンダ。
ルワンダ国旗
こんな国旗だよ。

【国名】ルワンダ共和国 Republic of Rwanda

【首都】キガリ

【面積】約26,338㎢

【人口】約1千万人(アフリカで最も人口密度が高い国だそう!) 

【通貨】ルワンダフラン

【言語】ルワンダ語、フランス語、英語

【宗教】キリスト教、イスラム教 

【時差】日本時間⁻7時間

【ビザ】必要


ルワンダに無事入国したわけですが、このイミグレでの荷物検査ちょっと変わってます。
ビニールNG

なんとビニール袋没収。

ルワンダ国内ではビニール袋の持ち込み・使用が禁止されてるそう。
スーパーでお買い物してもご覧のとおり、紙袋に入れられます。
荷物検査はあっさりしててサイドポケットやバックパックの上のほうだけ軽くチェックされて終了。
バックパックの奥のほうに隠しておけば大丈夫です^^大事な日本製ジップロックとられてたまるか…!!笑

虐殺記念館 (7)
ビニール袋禁止なんて政策が行われてるだけあってルワンダの街本当にきれい。
看板に「Keep town clean」って書かれてる。

キガリのまち (1)
いたるところにゴミ箱が置かれてて、どこ歩いてもゴミなんて落ちてない。アフリカなのに!!


キガリの夜ご飯 (6)
ボーダーを16時に再出発してキガリに到着したのは20:30。長かった…。
バスターミナル近くで晩ごはん。2700フラン(400円)

キガリ盗難宿 (3)

で、眠りについた夜…盗難事件。

ルワンダに来た初日に盗難…心がぽっきり折れてしまい観光もする気ゼロ。
虐殺記念館 (9)
ルワンダに訪れた人が必ず行くであろう虐殺記念館。
警察に行ったあとを取り直して観光しようって足を運んだけど上の空。
頑張って文字と写真を追うけど頭にはいってこない。
思い出すのは今朝の出来事。
そんな状態でいったから心に響かなかった。だからルワンダ大虐殺の詳細はかかないよ。
ミルコリンズ (3)
映画ホテルルワンダの舞台になったミルコリンズにも行ったの。
ミルコリンズ (5)
興味のある人は調べてみてね。
ほんの数十年前に起こったルワンダでの悲劇。
よかったらしょうさんのブログどうぞ^^→もっと×もっと 30歳からの世界一周
あ、しょうさん無事帰国したよー!お世話になりました(^v^)









かなり落ち込んでルワンダ嫌いになってたけど。
ルワンダの景色 (4)
歩いてみるといい街なのです。
写真じゃ伝わらないけどこの景色、すごく好きだった。
ここ景色きれいなんだけど、ちょっと治安悪いところ。
一人で歩いてたら、女の人が「カメラはしまってね、ここらへんは危ないから気を付けて歩いてね」ってわざわざ声かけてくれたんです。

キガリのまち (4)

そう、ルワンダ人は優しくて勤勉でとっても働き者。

1人でご飯食べてたら周りにいたおじさんたちみんな「ボナペティ!(フランス語で召し上がれって意味)」って言ってくれた。
今までの下心丸出しの男が声をかけてくる気持ち悪さは感じない、もてなしの心を感じる「ボナペティ」だった。

働き者のルワンダ人 (2)
「アフリカの奇跡」と呼ばれるほどの経済成長を遂げているだけあって、本当働き者なのです(´゚д゚`)
お、おじちゃん、それどうやって頭のっけたの!!笑

働きもののルワンダ人 (1)

車も積載重量度外視で働きます。乗せすぎだって!!笑

本当どうやって乗せたのそれ…w

キガリのまち (3)
お、お兄さーん!前見えてますかー(´゚д゚`)!!笑

ルワンダの景色 (3)
絵まで働き者でした。
たいしさんが今まで行った国の中でも上位にあげるほど大好きな国だと言ってたルワンダ。
たしかに今までのアフリカの国とは一味違う。
盗難なんてなけりゃきっと私も大好きになってただろうな。










ほとんど観光もせずに過ごしたルワンダ、唯一わたしが「行ってみたい!」と足を運んだスポットを明日紹介するね!











ではまた!








Have a nice day!!



ブログランキングに参加しています。
よかったらぽちっとお願いしますね♥
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
いつもありがとう!

テーマ: 世界一周 | ジャンル: 旅行

【トラブルトラベル】ルワンダ*キガリにて盗難に遭いました。

こんにちは。ベルギー記事を更新してますが、今日はリアルタイムのことを書きます。










タイトルの通りです。











リアルタイムはルワンダの首都キガリに滞在しています。

ルワンダマップ
非常に小さい国ですが、ルワンダ大虐殺、映画「ホテルルワンダ」「ルワンダの涙」などでご存知の方も多い国ではないでしょうか。











ルワンダへは一昨日1月22日にお隣のウガンダから国際バスで南下してきました。
今しょうさんとひとみちゃんと3人旅です。










キガリに到着したのは夜8時半ごろ。
バスターミナル近くに安宿が並んでいるので1軒ずつまわって宿さがし、1軒目に入ったHennesy Lodgeはシングルしかなくて値段も情報より高く(6000フラン≒950円)なってたので別の宿を見ることに。











次に入ろうとしたのはMONT KIGALI Lodge。
キガリ盗難宿 (15)
しかし宿の前にいた(おそらく)スタッフに「今日は満室だ」と断られ「隣の宿なら空いてるよ」と教えられます。

キガリ盗難宿 (14)
え?隣宿だったの?何も看板とか出てなかった気がしますが、部屋が空いているようなので見せてもらうことに。
1部屋6000フラン、ダブルベッドを2人でシェアOKだったからしょうさん(ブログはこちら)は1人で、わたしとひとみちゃんは一緒の部屋でここに泊まることにしました。











南京虫対策で電気はつけたまま、マラリア対策で蚊帳に入って寝てました。









でもトイレの水の音(なぜかずっと流れてるんです)と明るい部屋、蚊帳も鬱陶しくて眠りは浅く…。










物音がした気がして目が覚めた。










寝返りを打つと…










部屋に見知らぬ男性。










テーブルでごそごそしてる。









え?誰なの!?鍵は締めたはず…どうやって入ったの?なんでいるの?泥棒…?これは夢?









寝起きでろくに頭はまわりません。









でもとっさに「Who are you?What are you doing!!!!????」と叫んでました。










わたしの声に振り向いてびっくりする男。









ひとみちゃんも目を覚ましました。









私が起き上がって近づこうとすると男は部屋についているバスルームへ逃げ込んでいきました。










暴力振るわれても怖いし…まずはしょうさん呼ばなきゃ。










寝ぼけまなこのひとみちゃんに「しょうさんすぐ呼んでくるね」と言って、すぐお向かいの部屋にいるしょうさんを呼びに行きました。










部屋に戻ってバスルームに入ると…










いない。









ひとみちゃんは「男の人いたの?わたし見てない」と。










あれ?夢だったのかな…。でも確かにいた。絶対いた。









キガリ盗難宿 (2)
よく見るとトイレの上の窓が開いてた。









やられた…。










トイレに窓があることすら私は気づいてなかった。逃げ道があったなんて…。










盗まれたものがないかすぐさまチェック。










バスルームに逃げ込むとき、男は何も持ってなかったから何も盗られてないことを願いながら荷物を確認。










サブバッグやバックパックは全く手をつけられてない。










テーブルに置いてたカメラもモバイルバッテリーもパソコンもある。
キガリ盗難宿 (3)
でも充電してたはずのパソコンはケーブルと変換プラグが抜かれてパソコンの上に置かれてた。
私が目が覚めたとき男がテーブルでごそごそしてたのはきっとわたしのパソコンを盗ろうとしてたんだと思う。










よかった、何も盗られてな…










あれ?しょうさんのHDDがない。









昨日の夜、ひとみちゃんが「ホテルルワンダ」を見たいって言ってたから映画のデータを私のパソコンに移すために、しょうさんから借りてた。










「明日返さなきゃ」と思ってテーブルの端っこに置いてたはずのHDD…。










いくら探しても見当たらない…やられた。











宿のスタッフを起こしてしょうさんが「誰かが部屋に侵入して物を盗まれたからポリスレポートを発行してもらうためにも警察に電話してほしい」って何度も説明してくれたけど寝ぼけてるのかイマイチわかっていないのか、適当な返事しかしない。










「Do you understand?」としょうさんが聞いてもふぬけた返事。









冷静になって考えてみる。










キガリに到着したばかりで日本人がこの部屋に泊まってるとわかってて、しかも建物の構造を知っててトイレの窓から侵入できるのは…









宿のスタッフしかいないでしょ。









じっちゃんの名にかけてそうに違いないのです。










真実はいつも一つです。









キガリ盗難宿 (1)
トイレの窓から外をのぞくと、上の階まではしごがかかっていました。
キガリ盗難宿 (13)
レセプションの奥の廊下からはしごのかかっている場所までいける。
キガリ盗難宿 (8)
建物も周りは高い壁があるからこのレセプションを通らないと外には出られません。










宿のマネージャーらしい女や他のスタッフに「この宿の名前とアドレスを教えてほしい」といっても誰も教えてくれない。










怪しすぎる。









しかも女の態度が最悪。全然こっちの話聞かないし無視するしずっと携帯さわったりどこかに電話したり。









こっちはただポリスレポートがほしいからそのために宿の名前が知りたいだけ。










客人なのか宿のスタッフの友人かわからないけど、近くにいた英語の堪能な男性に事情を説明して再度宿の女に聞いてもらうと、









「この宿は名前も住所もない」









は?そんなことってあるの!?









とにかくないらしい。仕方ないから、女の名前と電話番号を教えてもらった。







キガリ盗難宿 (9)
宿のスタッフたちの写真撮ろうとしたら女は逃げた。










神様は言っていました。









「良い人と悪い人の見分け方知ってる?写真を撮ろうとして嫌がるのは悪い人だよ。覚えておくんだよ。」と。









はい、悪人決定です。









それにしても悔しいのは泥棒の顔を覚えていないこと。









泥棒の顔を見たのは私だけ。
でも寝ぼけてたし本当に一瞬だったし、そもそもアフリカ人なんて顔も髪も服もだいたいみんな同じで特徴なんてないから覚えようがない。








アフリカにしては小柄で体格はいいほうじゃなかった。ガリガリでもムキムキでもない中肉中背。それしか覚えていないのです。










もっとちゃんと泥棒の顔見ておけばよかった。
そしたらこの中のスタッフの誰かを問い詰めれるのに。
しょうさん呼びに行かずにトイレへ追いかければよかった。
なんでとっ捕まえなかったんだろう?
なんで前日にちゃんと窓の戸締り確認しなかったんだろう。
ちゃんとしょうさんにすぐHDD返しておけばよかった。
もっと早く目を覚まさなかったんだろう。
そしたら何も盗られずに済んだのに。










後悔したって仕方ないのにいろんなことが頭をよぎります。









怖かったなんて感情よりも悔しい気持ちでいっぱいでした。









泥棒にも宿のスタッフにも、自分にも腹が立つ。









今までの写真、マンガ、映画、教材、小説、ガイドブック、大切なデータが入ってるHDD…。










幸い、しっかり者のしょうさんは4重に写真のバックアップとってあるそうで、なくなっちゃったのは大量の漫画と小説や教材のデータだけ。
また旅人からデータをもらえば大丈夫です。
保険にも加入してるからHDDのお金も返ってきます。









不幸中の幸いとはまさにこのこと。







盗られちゃったのは本当に悔しいしムカつくけど、あのまま気づかずに寝てたらパソコンもカメラも貴重品もすべて盗られてたと思う。考えただけでゾッとする。










盗難に遭ったのは朝4時。警察に行くのは夜が明けてから行くことにしてひとまず朝が来るまで休むことに。









昨日の移動もハードで体の疲れはまだまだ取れていないはずなのに、全く眠れなかった。










WIFIもSIMもないから誰にも連絡が取れない。ただただぼーっと、今朝の出来事を思い返していました。










朝になって、すぐ近くにあるという警察署に向かったけど、ここは交通課だけ。
キガリの警察 (2)
他のところに行かなきゃダメだそう。










歩いて行ける距離じゃないからバイクタクシー(バイタク)で向かいます。










アフリカでの街中の移動はバイタクが多いです。
でも3人乗りにノーヘルなんて当たり前、事故も多いみたいだし、なにより知らないおじさんの後ろなんか絶対乗りたくない!乗るもんか!と思ってたけど、乗るしかありません。









とはいえ、ルワンダはちゃんとしててちゃんとヘルメットあるし、定員も1人まで。はい、乗るしかないのです。
キガリの警察 (3)
目的の警察署まではバイタクだと5分ぐらいだったけど、バイクの後ろ乗るのなんて確か初めてだし怖くて生きた心地がしなかった。










というか、今朝からずっと生きた心地してません。










警察の受付の人に事情を説明したけど、今日は土曜日。
キガリの警察 (5)
担当の部署は閉まっててポリスレポートは月曜じゃないと発行できないそう。










月曜まではキガリにいないといけなくなりました。










本当、アフリカに入ってからなにもかも思うようにいかない。









エジプトやスーダン、エチオピアでは散々セクハラに悩まされて、男の人が本当に苦手で大嫌いになって目も合わさずにこりともせず街を歩くようになった。
一人で街を歩くのが怖くなった。










街にでれば「チンチョンチャン」「ニーハオ」「チャイニーズ」とにやにやしながらバカにしてくるやつもいる。
あんなに大好きだったマーケットも楽しいと思えなくなった。










移動も今までは楽しんでたのに、アフリカでは狭い席にぎゅうぎゅうに詰め込まれたり取り合いへし合いだったり、大音量の音楽、早朝すぎる出発時間、乗り換えるたび荷物代寄こせとぼったくってくる輩…移動はただただつらいものになっていました。










エジプトでは宿で南京虫に悩まされて、それ以降もダニや蚊、もちろん南京虫におびえながら寝る毎日。










高いからといって設備が整ってるわけでもなく、快適とは程遠い宿ばかり。安宿なんて本当に汚い。










ホットシャワーなんて週に1度浴びれればいいほう。









ご飯だって美味しいものを見つけるのはとっても大変。









アフリカ楽しんでるか?と言われると、正直楽しめてないと思う。今までの旅のように。










それでもエチオピアのダナキルや民族巡り、ケニアのサファリ…それはそれは刺激的で楽しかった。










大変だったけど来てよかったなぁ、そう思えることはあるから、どんなに移動がしんどくても、多少ぼったくられても、人がうざくても、ご飯美味しくなくても頑張ってこれた。









まだまだ見たい景色はアフリカにたくさんあるもの。









それに一人じゃない。2人がいてくれるのは本当に心強いし、嫌なことがあってもみんなで愚痴ったり笑い飛ばしたり。
しょうさんひとみちゃんと一緒に旅ができて本当にうれしいし幸せ。










でもさすがに今回は心が折れました。久しぶりに感じた、絶望感。










70ヶ国以上旅してるたいしさんがトップ5にあげるほどオススメしてくれていたルワンダ。









アフリカの中でも人が優しくて穏やかでまじめ、治安が良くて、なんにもないけどいい国だと。楽しみにしてました。










だから余計にがっかり。ルワンダ大嫌いになった。まだ到着して1日もたってないのに。わたしも好きになりたかったのに。










なんで来ちゃったんだろう、って思った。









日本帰りたい。










今までどんなに大変でしんどくても出てこなかった選択肢が頭をよぎりました。










日本じゃなくてももっとイージーに楽しく旅ができる国にいけたらいいのに。









でも次に待ち構えてるのはこれまた最恐都市に名を連ねるダルエスサラームのあるタンザニア…。










観光するのも移動するのも疲れた。









首都のキガリ以外に、たいしさんがオススメしてくれてた日本が支援してたてられた小学校があるニャンザや、虐殺記念館のある小さい街へ足を運んでみようと思ってたけど、もうそんな気力はなくなってしまいました。









警察にいったあとにキガリの虐殺博物館に行ったけどわたしには何も響かなかった。









話に聞いてた通り、確かにルワンダの人々はフレンドリーで優しくてみんなにこにこしてる。









移った宿のオーナーさんは「あの宿(盗難に遭った宿)はダメだよ。ここにも今まで盗難にあった人が移動してきてたけど。あの宿の人たちはルワンダ人とは違うからね。頭がちがう」と。










本当かどうか、何人かはわからないけど、泥棒たちはあたたかくて誠実なルワンダ人ではないようです。









それでも街ゆく人に心を開けそうにない、わたし。










しょうさんとひとみちゃんは、街を歩いてみて割と好きになったみたいです。










見上げれば、大好きなチベットのラルンガルゴンパを思い起こさせる、山壁に立つ平屋の家々。
ラルンガルゴンパみたいなキガリ
こんなことさえなければきっと私も好きになってたんだろうな。確かに悪くはないキガリの街と人。










それでも…男と目が合った瞬間が何度もフラッシュバックしてくる。










あぁブログにはなんて書こう?また家族に心配かけてしまうなぁ。









頭を切り替えて楽しまないとと思いつつも結局そんなことばっかり考えてた。









夜は美味しいと評判の中華を食べに行って、ほっぺがぼたぼた落ちるほど美味しくて。
キガリで中華 (22)
元気出た。つらくても悔しくても悲しくても、お腹って空くんですよね。美味しいごはんに心も満たされた。
中国を旅してるときも移動だって宿やトイレも大変だったし、カシュガルではお財布もすられた。
それでも大好きでまた行きたいと思える街だった。
あと数日の滞在、ルワンダはカシュガルのように好きになれるかな?










今は美味しい物いっぱい食べて、ゆっくり休んで、そして次に進もう。










ダルエスサラームは怖いけど、その先には素敵リゾートのザンジバル島が待ってます。久しぶりの青い海は本当に楽しみ。










そう、まだまだ楽しみにしてることはたくさんあるじゃない。









ザンジバル、タンザン鉄道の旅、ビクトリアフォールズ、エトーシャのサファリ、ナミブ砂漠、喜望峰…










大丈夫、旅する意欲は残ってる。









まだまだ日本には帰らない。こんな気持ちのまま帰りたくない。









あー楽しかった!って胸を張って帰りたい。









人生楽しんだもん勝ち!本当その通りです。









アフリカ楽しんだもん勝ち!










あと2ヶ月ほどアフリカの旅、どんなところでも注意を怠らずに安全第一で旅を続けたいと思います。









これからルワンダに行かれる方、MONT KIGALI LODGEとHennesy Lodgeの間にある看板のない宿にはお気を付けください。










推測でしかありませんが、「隣なら空いてるよ」といったMONT KIGALI LODGEももしかしてグルなんじゃ?と思いました。









今滞在してるHOPE GUEST HOUSE(MAPS.MEで検索可能)
ホープゲストハウス (4)
ツイン10000フラン/シングル7000フラン、WIFIないけどホットシャワーで部屋広くてトイレ清潔で、宿の人も親切でおすすめです^^










面白くも楽しくもない上にネガティブすぎる長文記事、失礼いたしました。








世界中どこに行っても「絶対」安全なところはないし、油断しちゃダメです。
皆様もどうか安全にはくれぐれも気を付けて、楽しい旅を。









明日からまたベルギー記事UPします^^









読んでいただいてありがとうございます。ではまた!








Have a nice day!!

ブログランキングに参加しています。
元気だせよ~のぽちりお願いします(*_*)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
いつもありがとう。

テーマ: 世界一周 | ジャンル: 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。