知らない街で知らない中国人のおじさんについて行ってみたら…

「知らない人について行ってはいけません!!」






常識です(・∀・)





これでも私も女ですからね。




一人旅ですからね。




防犯意識高い系女子ですよ。





そんな非常識なことするわけな……!?





【#11 2015.5.27 カムチベット*色達→馬爾康】

《レート*1元≒約19元》


またも移動の日々が始まります!!
カムチベット地図《色達→馬爾康》

今日は色達から馬爾康(マルカン)という街まで移動します。


この馬爾康、ラルンガルゴンパで出会ったリオラいわく「何もないわよ(´・ω・`)」とのこと。
確かにネットで調べても特に見どころもなさそうな街…。
でもその先の若爾蓋⇒郎木寺へ行くには馬爾康を経由して行くしかないのです。

馬爾康いき切符_R
朝5時半にターミナルに来いとメモしてくれてたので、5時20分ぐらいに宿を出ました。
馬爾康行の切符_R
すぐ下がバス乗り場なので(笑)
宿高いし水回り汚かったけどこの点に関しては本当に便利でした。



どのバスかわからなくて近くにいた中国人カップルに聞いたら「このバスでいいんだよ!」って。



でもこれ行先「成都」って書いてるよ?
途中で止まるのかな?


他のバス探しにいこうとしたら「これで大丈夫だから!」的なことを言われて引き止められて乗り込みました。


でもやっぱり不安で隣のおっちゃんに「馬爾康行で合ってる?」って切符見せたら



「このバスは違うぞ!!馬爾康には行かないよ!!」って(゜o゜)



やっぱり違うんじゃんか!!



急いで荷物降ろしてバス探したらちゃんと「馬爾康」行きって書いてあるバスあった…。



間に合ってよかった…。
馬爾康行のバス車内 (1)_R
馬爾康行は混んでて…混みすぎてて通路に座ってる人まで!!笑
馬爾康行のバス車内 (2)_R
おばさんの怪訝な顔w


馬爾康についたら若爾蓋(ゾルゲ)行きの切符買わないといけないから、スケッチブックに「(到)若爾蓋 明天」って書いてたら隣のおじさんが「僕も明日若爾蓋行くよ」って中国語で話しかけてきました。



おぉ…中国語わからないのよ…。




スケッチブックに「日本人です。中国語わかりません」って書いて見せるいつもの手段で理解してもらうw




「このあとはどうするの?」って聞かれたから、地図見せてこのルートで旅する予定なんですって説明したら、おじさんとほぼルートが一緒!!




私は馬爾康→若爾蓋→郎木寺(ここでのんびりしたい)→夏河→同仁→西寧→蘭州で考えてました。
おじさんは馬爾康→若爾蓋→郎木寺→迭部→夏河→蘭州でした。



中国語よくわからないけど「ここはいいところだから行くべきだよ!」って迭部というところの写真見せてくれました。




中国語よくわからないけど「うんうん、すごい!!」って返事しておきました。




あぁ…言葉の壁って大変だ。




あ、おじさんの名前なんですけどね。




「許さん」





…ゆ、ゆるさん(゜o゜)?ってなるので、「しゅうさん」って書きますねw




しゅうさんは、娘2人をもつパパで37歳です。(ひげはやしてるから37に見えないよ)

見せてもらった写真がすごく上手で「カメラマンなの?」って聞いたら「公務員」って言われました。
法務局で働いてるんだって。
それ聞いた中国人ガールみんな「わお(・∀・)」って驚いてたからエリートなんだろうな…。
こちとら、かたや無職ですよ。えへへ。



途中休憩があったからまわりを散策。

吊り橋があったり、可愛い家が並んでる街でした。




馬爾康までの道のりは本当に悪路!!
馬爾康行の景色 (1)_R
ディズニーのプーさんのハニーハントにずっと乗ってるかんじです。もしくはインディージョーンズ。
馬爾康行の景色 (2)_R
すぐ真下は崖…安全運転でどうかお願いします(涙)



移動中ってWIFIもないし、パソコンもできないし暇なんですが、私の三半規管はとても丈夫なようで、どんな悪路でもiPhoneで日記書いたり地球の歩き方読んだりと車酔い知らずで過ごしております(*´з`)




しかし、私の三半規管が大丈夫でも他の人がそうとは限りません…。




特にチベタンの方々はバスに乗り慣れていらっしゃらないようで。





オロロロロロロロロロロロー






と、車内に盛大に響き渡る、先ほどの昼食が口からこんにちは\(^o^)/する音…涙。





耐え切れずに旅に出て初めて音楽聴きました。
YUKIちゃんと中島みゆきを聴いて幸せ。(途中おろろろろろって合いの手が聞こえてきたのは気のせい気のせい)




バスの中はエアコンがなくて窓開けてるから土埃が入ってきて最悪でした(´Д`)




17時に馬爾康に到着。



隣の席だったしゅうさんが「若爾蓋行きの切符かってくるからここで待ってて」と荷物を置いて切符を買いにいきました。
馬爾康バスターミナル_R
ちなみにバスターミナルの2階が切符売り場らしいです。



待ってる間に宿の客引きのおっちゃんが声をかけてきました。

「WIFIある?」「ホットシャワー(中国語で熱水!)ある?」って聞いたらあるって。

馬爾康は公安(警察)が厳しくて公安認定の外国人登記ができる宿に泊まってないと、宿まで押しかけてきて公安指定の宿へ移らされる…とネットで見てたので「日本人だけど大丈夫?」って聞いたら「大丈夫だ。これで80元、どうだ?」と。

事前に日本人OKで調べてた宿より安いしWIFIもホットシャワーもあるならいいかも♪しゅうさんはおじさんだしきっといいところ泊まる予定なんだろうなあ。ここにしちゃおう。


と思ってたらしゅうさんが切符を買って帰ってきて、さっきのおじさんとのやりとりのスケッチブック見せたら「50元で泊まれるところがあるから行くよ」って(゜o゜)
え、わたし宿までご一緒してしまって大丈夫なのですかーーーー!!!!
悪い人じゃなさそうだし…。



着いて行くことに♥

(良い子はマネしないでね)





どうやらタクシーで行くらしい。
馬爾康:タクシーで宿まで_R
タクシーから見た馬爾康の街はすごく都会でした。




5分ぐらい走って降りたところは…ここはどこ(・∀・)?
馬爾康…ここはどこ? (1)_R
でも川のせせらぎが聞こえてきて、緑もきれい!
馬爾康:街並み!_R
宿はどこにあるんだろう?
馬爾康:宿はどこなんだろう?_R
タクシーを降りて川を渡ってすぐのところに宿がありました。
馬爾康の街並み (2)_R
宿の雰囲気がとっても素敵(´艸`*)




でもここ…日本人大丈夫なのかな?
しゅうさんと宿のおねえさん、当然中国語で会話してるから私にはわかんない。
私パスポート出さずに、しゅうさんがIDとか名前書いて手続き終わっちゃったし…





これ絶対外国人NGのとこだろ(・∀・)何度目やねーん。




あぁ…公安が乗り込んできたらどうしよう|д゚)




ちゃんと部屋別々でお願いしてくれました!!
さすが公務員!!仕事がかたい!!すばらしい!!
(当たり前ちゃあ当たり前だ)
馬爾康の宿 (4)_R
ツインのお部屋で、中国人の女の子と一緒でした。
馬爾康の宿 (5)_R
階段が急すぎて荷物運ぶの大変だったけど、部屋もきれいだし、インテリアもかわいいし、水回りもきれいだし、WIFIもあって、ホットシャワーで、テラスから見える馬爾康の眺めもすごく良かった!!
馬爾康の宿 (2)_R
なんていい宿なんだ!!
馬爾康の宿 (1)_R





荷物を置いて周りを散策!
馬爾康の街並み (4)_R
チベット風の建物が並んでて…
馬爾康の街並み (10)_R
人もほとんどいなくて穏やかな街並み…
馬爾康の街並み (7)_R

馬爾康の街並み (6)_R

馬爾康の街並み (3)_R




ここ好きだ。





宿周辺は観光地化された街並みらしく、所々看板が。
馬爾康:まさかの日本語案内! (2)_R

…日本語の案内!?

馬爾康:まさかの日本語案内!_R
こんなところに日本人なんて来ないだろうに( ゚Д゚)!
(私来ちゃったけど)



公安の取り締まりはきびしいのに、ちゃんと日本語の案内で観光地化してあるちぐはぐ具合…。
中国なにがしたいんだろう(笑)



あとから調べてわかったんですがここらへんは「卓克基嘉絨チベット族文化観光区」という場所らしいです。

私は宿周辺をちょっとしか歩いてないけど、ほかにもいろいろ見どころはあるみたい。
馬爾康の街並み (1)_R

宿に戻って、ごはん食べたいなぁ…カフェスペース(テラス)あるし、何か注文したら食べられるのかな?と思って宿のお姉さんに「ごはん食べたいんだけど…」って声かけたら「そこで今用意してるから大丈夫よ。待ってて」的なことを言われた。




え?勝手にごはん出てくるの??




とりあえずテラスでブログ書いたり、置いてある本読んだりしてたら、テーブルにずらずらと並んでいくごはん!
馬爾康:よるごはん! (1)_R
しゅうさんと宿のおじさん・おばさんと一緒に夜ごはんです。

東チベット周り始めてからいつも誰かと一緒にごはん食べてるなあ(*'ω'*)

このおかず全部、宿のおじさんが作ってくれたんですが、

今まで食べた中華で一番美味しかったです!!



家庭料理っていいもんですね♥



豚肉と韮の炒め物(回鍋肉)は山椒がきいてて辛いけど、味に深みがあってごはんがめちゃくちゃ進みます!
豚肉と瓜の煮物、ハム(火腿って書きます)と空芯菜のスープは辛くなくてやさしい味付け。
今まで食べてきた中華料理って辛くないのを避けるとどれも塩辛い味付けばっかりでうんざりしてたけど、おじさんの料理はちょうどいい塩梅!
きゅうりのたたきは胡椒がめっちゃかかってて辛かったけどね(笑)
でも久しぶりの生野菜がうれしくていっぱい食べました。


このメニュー見てわかるように、中国人は本当よく豚肉食べるんですよね。
「豚肉を嫌うイスラム教が中国では広まらなかった」って言われてるくらい豚肉LOVEです。
(あぁやっとタベトラっぽい情報書けた!笑)



しゅうさんはおかわりも断ってすぐ食べ終わってた。
そのあとも食べ続ける私(・∀・)笑
もうお腹いっぱい食べたよー!
これだけのごはんもついて50元(約1000円)なんて…!!




居心地のいい宿、かわいい街並み…
馬爾康の街並み (8)_R

「馬爾康は何もない街」なんて嘘だーーーー!!!!







中国人の知らないおじさんと一緒に旅したら…
馬爾康の街並み (5)_R
もうちょっと長居してもいいなぁなんて思うほど素敵な街に出逢えました(*'ω'*)
馬爾康の街並み (9)_R
期待してなかった街が期待以上の街だったときの喜びっていったらないですね!!




明日もまた移動です。




しゅうさんとの旅もまだまだ続きます!





しかし一人好きの私がずっと楽しんで一緒に旅ができるはずもなく…





ではまた。



Have a nice day!!



ブログランキングに参加しています。
よかったら1日1ぽちっとお願いしますね♥
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

テーマ: 世界一周 | ジャンル: 旅行

中国のエアーズロックとモヤモヤ心模様。 | Home | 【ラルンガルゴンパ】チベット小僧にカメラを持たせてみました。

コメント

No title

合いの手(おろろろろ)に笑いましたw
そして中島みゆき!わたしも好きですー!

馬爾康、石畳の道がいい感じですね。かわいい^^

2015/06/06 (Sat) 09:31 | ぴ #- | URL | 編集
ぴさん

合いの手つらかったですw
あんなBGM御免です( ;∀;)笑

中島みゆきいいですよね♥
中国の風景にもよくあうのでずっと聴いてました(*'ω'*)

石畳の街ってすてきですよね!
ずっと土埃の舞うチベットを旅してきたので新鮮でしたw

2015/06/06 (Sat) 17:52 | 庄ちゃん #SpnPrGKo | URL | 編集
きたい

思いがけなく出会ったステキな街。
うん、僕も何よりもうれしいです。

2015/08/31 (Mon) 01:14 | 加美 #- | URL | 編集
加美さん

期待してなかったところが案外いい街だとすごくうれしいですよねー!

2015/08/31 (Mon) 16:22 | 庄ちゃん #- | URL | 編集

ここいい!行きてぇ〜!

2015/09/27 (Sun) 21:49 | 和尚さん #- | URL | 編集
和尚さん

ここよかったですよー!
なかなかめんどくさい場所にありますが行ってみてください^^

2015/09/29 (Tue) 20:35 | 庄ちゃん #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する